一人暮らしに必要な賃貸住宅の広さはどれくらい?間取りについても考える


住居の広さと部屋数の多さは比例しない

単身者が生活していく上で、必要な住宅面積はどれくらいでしょうか。国土交通省が示した「最低居住面積水準」では、25平米としています。更に同省は、ゆとりある住生活を実現するための「誘導居住面積水準」として、都市住居型では40平米、一般型では55平米という数値を出していました。一般型とは郊外の住居のことです。

しかし世帯人数が増えれば、当然、もっと広い面積が必要になる訳です。もっとも広さと部屋数の多さは必ずしも比例しないため、例えば4人家族で1LDKの賃貸住宅に住むケースも珍しくありません。こうした場合、居室が広く、リビングも10帖以上など、相応の広さがあるのが普通です。4人家族の標準的な間取りは3LDKとされていますが、特に子供がまだ小さいうちは、1LDKや2LDKでも大丈夫でしょう。

単身世帯に向く間取りとは?

1LDKの住居は、専有面積が40平米以上あるのが普通で、都市部に暮らす単身世帯なら誘導居住面積水準に達する広さです。しかし実際には、多くの一人暮らし世帯が1Kやワンルームに住んでいるのは、1LDKでは家賃が高いからでしょう。尚、1Kとワンルームの家賃を比べると、後者の方が低い傾向にあります。

しかしワンルームは、1Kのようにキッチンとの間に仕切りがないため、自炊すると調理の匂いが居室にこもるのが欠点です。間取り図を見る時も注意して下さい。ワンルームでは居室の他に、玄関やトイレなども含めた広さを表記するため、実際に生活すると居住スペースが狭く感じることがあるからです。その点、居室が独立している1Kの方が、広さが把握しやすいでしょう。部屋を探す時は、こうした点も踏まえて選んで下さい。

北見の賃貸マンションを借りたいときは、不動産会社へ行きましょう。気になった物件が見つかったら見学へ行き、設備や周辺の環境もチェックしてみてください。