住みやすさを決める要素は!?土地選びとスペースの関係性について解説


最適な間取りを実現するには土地選びから

土地選びは注文住宅づくりのすべてに影響すると考えてください。土地に余裕がなければ間取りに制限が生まれて、居住スペースが狭くなってしまいます。狭さは不便に直結するので、理想の間取りを実現するにはそれを可能にしてくれる土地が必要になります。十分な広さの土地を手に入れるためには、地価の安価なエリアを選んでみるのも手です。ただしこうしたエリアは、駅から遠くなって周辺施設へのアクセスに不便が生じる可能性があります。注文住宅を建てるときは、間取りと周辺アクセスをどう詰めていくかが重要です。

スペースはただ広ければいいわけではない

家は広ければ広いほどよいと考えるかもしれませんが、広すぎることによる問題点もあります。スペースが広ければ掃除の時間と労力が増えるので、日常清掃が大変になってしまいます。部屋は使わなくても汚れるので、たとえ人が住んでいなくても掃除は必要です。ハウスクリーニングサービスを利用するときも、部屋が広いと料金は割高になってしまうでしょう。注文住宅づくりにおけるスペースは、生活に不便が生じない広さを確保すると同時に、ムダに広くする状況を避けることが大切です。

スペースが広すぎると、リフォームやリノベーションをするときも高額な費用がかかります。広々とした住宅は屋根や外壁の面積が広くなるので、塗装をするにも費用は高額になるのです。注文住宅は建てて終わりではなく、生涯にわたってメンテナンスをする必要があるので、維持費も考慮して住宅設計をすることが大切です。

千葉の注文住宅を成功させるためにできることは、雑誌やネットなどで情報収集をしたり住宅メーカーの営業担当者とよく話し合ったりすることです。