注文住宅の設計で大切なことは!?住宅設計は利便性を追求して決めよう


間取りの事例を確認しながら住宅設計を

注文住宅は勢いにまかせて建ててしまうと、あとで不便が生じると考えてください。住宅設計をするときは、事前にさまざまな注文住宅の間取りの事例を見ておくといいでしょう。間取りを見るときは、その場で生活することを前提に考えてみることが大切です。例えばホールを広めに設計しても、他の部屋のドアと干渉する場所にあると有効活用が難しくなります。収納場所として使用するにも、ドアを開けるたびにモノと当たるようでは困ります。脱衣室も住宅設計で失敗しやすい場所で、狭すぎて下着を置けないという問題は少なくありません。スペースに余裕がないと、冬場に暖房機器を設置できなくなる可能性もあります。プライバシーに関する問題も発生しやすく、仕切りがないと脱衣するときに気を遣うという声があります。

回遊スペースがあるとこんなメリットが

キッチンに回遊スペースを設ければ、通路が行き止まりになる心配がありません。特に多忙な朝の時間帯、日曜日の午前中などはキッチンが混雑しやすいので、回遊スペースを設けない場合は、テーブルや椅子の置き場所に工夫が必要です。キッチンの近くにテーブルがあると、誰かが椅子に座ると通路を塞いでしまうというトラブルも起こるかもしれません。スペースに余裕がない場合は、家具や家電を小さめのサイズにしたほうがいいかもしれません。例えば、大きすぎる食器棚や冷蔵庫を設置すると、その分だけ部屋のスペースが狭くなります。室内を移動するときに、大人二人が無理なく交差できる程度のスペースがほしいです。

神奈川の注文住宅では、二世帯住宅を選ぶ人も多いです。そのため、二世帯住宅に関するアイデアやアドバイスを行う業者もあります。