Latest Posts

自分に合った賃貸物件をスムーズに見つけるコツ!

譲れない条件を決めておこう1人暮らしのための部屋を借りたいけれど、自分に合った賃貸物件をうまく見つけられないという方は少なくありません。スムーズに良い物件を見つけるコツは、絶対に譲ることができない条件を決めておくことです。部屋を探すに当たり、駅から近い場所が良い、買い物できる場所があったらいい、家賃…

狭小住宅ってなに?狭小住宅を建てるメリットとは?

狭小住宅で人気のエリアに住める狭小住宅とはその名の通り、狭くて小さな家のことをいいます。明確な定義はありませんが、おおよそ30坪以下の土地に建てられた住宅のことをさします。狭小住宅のメリットの一つに、利便性の良いエリアに住宅を建てられるということが挙げられます。利便性が良い土地は人気があり、そのエリ…

外せないポイントをチェック!賃貸物件の選び方

防犯性能のチェックポイント賃貸物件は分譲に比べると防犯性が物足りないと感じることもあるでしょう。安心して住むには、防犯設備がどれくらい整っているかは重要なポイントです。安心して住むためには、オートロックであることや防犯カメラがついていること、また宅配業者が来ても部屋の前まで来なくてすむよう、宅配ロッ…

一人暮らしにお勧めの意外と軽視されがちな賃貸の設備とサービス

不安解消に繋がるテレビモニター付きインターホン一人で暮らしていると突然のインターホンの音にはびっくりしてしまいます。不安な気持ちになって応対することを躊躇する場合もあります。中には、来客の予定が無い場合は一切出ないという人もいます。友人などの場合は直前に連絡を入れてもらえばいいので出ないというのも一…

一人暮らしに必要な賃貸住宅の広さはどれくらい?間取りについても考える

住居の広さと部屋数の多さは比例しない単身者が生活していく上で、必要な住宅面積はどれくらいでしょうか。国土交通省が示した「最低居住面積水準」では、25平米としています。更に同省は、ゆとりある住生活を実現するための「誘導居住面積水準」として、都市住居型では40平米、一般型では55平米という数値を出してい…

間取りはどう設計すればいい!?家族構成も考えて不便が生じないように

家族構成によって間取りを変えていく間取りに正解はなく、例えば家族構成によって最適な空間は変わってきます。小さいお子さんがいるのであれば、ベビーカーの置き場所が必要になることが多いでしょう。玄関が狭すぎるようだと、靴を置いたらベビーカーの置き場所がなくなる可能性があります。脱衣所のスペースが狭すぎる場…

住みやすさを決める要素は!?土地選びとスペースの関係性について解説

最適な間取りを実現するには土地選びから土地選びは注文住宅づくりのすべてに影響すると考えてください。土地に余裕がなければ間取りに制限が生まれて、居住スペースが狭くなってしまいます。狭さは不便に直結するので、理想の間取りを実現するにはそれを可能にしてくれる土地が必要になります。十分な広さの土地を手に入れ…

収納と設備を有効活用しよう!賃貸物件を選ぶ際に知っておきたい情報を解説!

賃貸住宅の設備はメンテナンスの負担が小さい!賃貸住宅には、エアコンや給湯器をはじめ、インターホンやオートロックから温水洗浄便座や乾燥機付き浴室まで様々な設備を備えたものが多いでしょう。このように、予め設置された設備については、原則として賃貸人が管理責任を負います。もちろん、賃借人が使用する以上、エア…

家造りではコストダウンを図りたい!それでも削ってはならない部分とは?

家造りでコストダウンし過ぎるのも問題!これから土地を買って新築のマイホームを手に入れたい、あるいは新しい家に建て替えを予定している、こんな人もいるはずです。いずれにしても家造りには、一般的に多額の費用がかかるもの。このため予算を重視する人になると、建築コストの削減に躍起になるケースも目立ちます。ただ…

注文住宅の設計で大切なことは!?住宅設計は利便性を追求して決めよう

間取りの事例を確認しながら住宅設計を注文住宅は勢いにまかせて建ててしまうと、あとで不便が生じると考えてください。住宅設計をするときは、事前にさまざまな注文住宅の間取りの事例を見ておくといいでしょう。間取りを見るときは、その場で生活することを前提に考えてみることが大切です。例えばホールを広めに設計して…